お知らせ
入会のご案内
日本ニュービジネス協議会連合会

北海道ニュービジネス協議会

〒060-8640
札幌市中央区大通西3丁目11番地
北洋ビル3階
(株)北海道二十一世紀総合研究所内
TEL 011-251-0730
FAX 011-231-3237

>>個人情報保護方針

北海道ニュービジネス協議会企業訪問 実施報告


会員企業交流委員会の事業の一環として、下記の通り企業訪問を実施しました。

==概要==
日 時:平成27年6月11日(木) 14:00~15:45
訪問先:株式会社アミノアップ化学
    (札幌市清田区真栄363番地32)
参加者:15名


==訪問レポート==
 去る6月11日かねての課題であった「会員企業訪問事業」(河野副会長担当)の第1回目が実施された。 当会副会長の一人である小砂憲一氏が昭和52年に創業した株式会社アミノアップ化学である。
 オリゴノールなど健康補助食品の機能性素材を主に北海道の自然の中から開発、国内はもとより、アメリカ、メキシコ、中国、韓国、台湾、タイ、マレーシア、ニュージーランド、オーストラリア、ヨーロッパ諸国へとその研究と普及のネットワークを拡げているBtoBの企業だ。

 北洋銀行本店前を出発して小一時間、清田区の工業団地は、工場地帯というよりも森の中といった風情である。

 創業当時は、確か西岡に実験室兼工場が小学校の隣に建っていたと記憶しているが、ここは、欧米のサイエンスパークにも引けを取らない。6月なのに五月晴れのような空模様が我が15名の会員を歓迎してくれる。周辺は、大学有りゴルフ場有り水源地有りの自然そのものの環境の下、団地の入り口近くに新社屋が現れる。工業団地という前提を知らなければホテルかと思わせそうな建物である。もう第5期の工場だそうである。

 玄関ロビーでは、我々を出迎えて下さった藤井社長の傍でマリリンモンローがスカートを手で押さえる例のポーズの人形が歓迎してくれた。実は、この社屋のあちこちに絵や彫刻等が飾られている。小砂会長の地元芸術家の応援をしようという社会貢献への強い思いから、いつの間にか増えていったようである。

 新装なった社屋の会議室で小砂会長の挨拶を戴く。会社と製品の説明よりもここの環境の良さ、建設コンセプトの説明に小砂会長の情熱を感じる。雪冷房、雨水の利用、自然採光・換気、太陽光発電、太陽熱利用、井水による工場冷却、工場排水熱回収、地中熱冷暖房・空調など、省エネと環境保全への強いこだわりである。

 商品と開発研究は、藤井社長からDVDを交えての説明を戴いた後、工場内を見学した。
随所に見られる空調設備や環境保全に会社の明確な意志を感ずる。「この工場は、本当に北海道第1のバイオ企業に成長したんだ。世界に誇れる第1級の企業がここにあるんだ」と実感しながらの訪問事業でした。

 株式会社アミノアップ化学の社員の皆さん、お忙しいところをお邪魔致しました。皆さんが素晴らしい商品群を生産している現場を拝見し、頼もしく感じました。現場の主任さんが必ずしも直接の専門分野のご出身ではない、多様な人材を登用していることなど、ダイナミックな会社経営の根本にも触れさせていただきました。本当に有難うございました。

[現場レポート=副会長小林記]

   
Copyright(C)2014 HNBC. All Rights Reserved.